HOME>特集>最低限知っておきたいその仕組みやサービス内容とは

どのような仕組みが作業されているか

これから介護福祉士として働きたい場合には、求人を探すことが必要になります。求人を探す場合には、ハローワークに訪れるかホームページを見る方法があります。この場合には、人を募集しているように見せかけて実際には募集していないケースがあるため注意しなければいけません。なぜこのようなことが成立するかといえば、ハローワークとの付き合いが会社側にもあるからです。ハローワークの方で、ぜひお宅の会社から求人票を出してほしいなどと言われるとむげに断ることができません。なぜなら、付き合いが悪いと思われてしまい、いざ人を募集する場合に不利に扱われてしまう可能性があるからです。そのため、実際は募集していないのに募集をかけるようなこともあるでしょう。

サイトに出す場合はお金がかかる

介護福祉士の求人であっても、求人サイトを利用する方法があります。その場合、どのような仕組みになっているか理解しておきたいところです。企業側としてはお金を払わずに求人票を出すことができますが、もし採用された場合にはお金を支払わなければいけません。このようにして、サイト側も収益を得ているわけです。お金を払うにもかかわらず会社がわざわざサイトを利用する理由は、質の高い人を得ることができるからです。一般的には、人を募集する場合でもハローワークを通じて募集する場合に比べて、専門的な知識や経験を持っている人が多い傾向にあります。

広告募集中